腹筋 鍛え方 下腹

下腹に効果的な腹筋の鍛え方!

腹筋運動

お腹のポッコリを放置する人はだらしない人!?

 

社会人になってからお腹がポッコリ出てきてしまった方は少なくないはずです。

 

学生時代は部活動などで運動する機会が多くあったので大丈夫でしたが、
社会人になると運動する機会が極端に減少するので、
同じような量を食べてしまえば当然太ってしまいます。

 

お腹がポッコリ出ている人はだらしない人だと思われてしまうので、
放置してしまうのはナンセンスです。

 

そこで、下腹の腹筋の鍛え方について見ていきます。

 

 

下腹部に効果的なのは『腹筋運動』!!

 

ダイエットといえば有酸素運動というイメージを持っている方が多いようですが、
下腹部は他の箇所と異なり脂肪が落ちにくくなっているので、
ジョギングなどの有酸素運動だけでは不十分です。

 

有酸素運動も行うべきですが、1番大事なのは腹筋運動になります。

 

まず、レッグレイズというトレーニング方法をおすすめします。

 

これは床やベンチに仰向けで寝て、ゆっくりと両足を上げ、
45度を超えない位置で止めて下げていきます。

 

1セットの目安が20回〜30回になります。

 

レッグレイズは下腹部の力だけで足を上げ下げするので、効率よく鍛えることができます。

 

また、ニートゥチェストも良い方法です。

 

床に手をついて座り、足は少し浮かせて伸ばしてください。

 

そこから上半身は動かないように意識しながら、
息を吐きながら両足を胸に引き寄せ、
息を吐きながら伸ばすを繰り返します。

 

10回を3セットくらいで十分です。

 

下腹を鍛えるトレーニングは自宅でも簡単にできるので、時間が空いた時にやってみてください。